マーケティング・プラットフォーム「Kairos3」で メール配信の効果を最大化する機能を拡充

カイロスマーケティング株式会社

〜メール配信のA/Bテスト機能とキャンペーン・フォローアップ機能で、リードナーチャリングにおけるメール配信の効果を最大化〜

カイロスマーケティング株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、企業向けクラウド型マーケティング・プラットフォーム「Kairos3」(カイロス・スリー)において、リードナーチャリングにおけるメール配信の効果を最大化する機能を拡充しました。 「Kairos3」は、インターネットでのマーケティングに不可欠とされる、メルマガ作成・配信、Web解析、応募/会員登録フォーム、顧客データベースの各種機能を統合した、B2B企業向けのクラウド型マーケティングサービスです。Web機能とメール機能がそれぞれ個別に提供されることが多かった従来型のアプリケーションと異なり、Web、メールと顧客データベースが統合されているため、より横断的なマーケティング機能を利用できます。 この度「Kairos3」では、リードナーチャリングの効果を最大化する機能を拡充しました。 リードナーチャリングで重要なメール配信のA/Bテスト機能の追加と、メール配信でのメール開封者や未開封者、リンク未クリック者などに対して追加のメールを送信するフォローアップ機能を追加しました。

メール配信の効果を最大にするA/Bテスト機能

A/Bテスト機能では、メール配信ターゲットリストを、属性がほぼ同等となるようなサンプル配信リストを2つ作成し、配信時刻や曜日、メール件名、差出人名、メール本文構成などのキャンペーンの効果に影響を及ぼす要素の異なるメールを送信し、メール開封率・クリックスルー率(回帰率)を評価します。 メール配信のA/Bテスト機能により、開封率やクリックスルー率がより高い配信時刻や曜日、メール件名、差出人名を見つけ出し、ワンランク上のリードナーチャリングを実施できます。 A/Bテスト機能では、開封率や回帰率の高いA/Bテストに利用したメールコンテンツを採用して、本番配信に利用できるオプションがあります。事前にサンプリングされた配信リストでA/Bテストを行い、開封率やクリックスルー率などの結果が良いコンテンツを本番利用することで、全てのメール配信で、確実に効果を高められます。

フォローアップ機能

フォローアップ機能は、メールの開封状態やリンクのクリック状況に対してメールを再送、異なるテーマのメールを送信、フォームの登録者に対してメールの送信などにより、マーケティング・キャンペーンの効果をより高めるためのフォローアップを実現します。フォローアップの機能により、従来よりも多くの見込顧客を創出したり、配信ターゲットの興味・関心を引きつけたりします。 フォローアップ機能は、担当者のキャンペーンの集計作業を劇的に軽減するだけでなく、セミナーやイベント、キャンペーンなどの案内通知や、参加・登録後のフォローアップ活動などで顧客との関係の維持向上などで効果を発揮します。

マーケティングオートメーションは、フォーム作成、Webログ解析、メール配信、顧客管理など企業のマーケティング業務に必要な一連の機能を組み合わせ、顧客の購買行動プロセスに最適なマーケティング活動を展開することで、より多くの営業案件を効率よく見つけ出します。ビジネス機会の創出と、ビジネス機会の損失の最小化により、ライバル企業との差別化を実現します。

はクラウド型のマーケティングオートメーション。
メール配信、顧客管理、フォーム作成、シナリオ、スコアリング、などの必要な機能を提供しています。
初期費用:10,000円、月額費用:5,000円からご利用できます。