設定したシナリオの実行のオートメーションを実現します

カイロスマーケティング株式会社

シナリオ(オートメーション)

特定行動を示す見込み客に対して、あらかじめ設定したシナリオを自動実行します

マーケティングオートメーション「Kairos3」のシナリオ機能

シナリオ機能はオプションです。オプション料金が必要となります。詳しくはマーケティングオートメーション「Kairos3」の料金表をごらんください。

Kairos3のシナリオ機能の特徴

設定したシナリオを自動実行し、あなたのマーケティング業務を効率化します。

シナリオは自動実します

設定したシナリオを全自動で実行

シナリオの実施条件(トリガー)とメールの内容と配信日時を設定するだけで、マーケティングオートメーション「Kairos3」があなたに代わって自動実行します。
優先して実施するシナリオを選択

実施するシナリオの優先度で重複実行を避けます

それぞれのシナリオに優先度を設定できます。特定リードに複数のシナリオを同時実行することはいたしません。

シナリオの実行結果をレポートで伝えます"

シナリオ実行の結果を自動でレポート

シナリオの実施結果は、レポートにて閲覧できます。あなたのシナリオの実施結果や改善のポイントを見いだせます。

あらかじめ設定したシナリオを自動で実行します

シナリオ機能では、シナリオのきっかけとなる条件、およびシナリオ内で送信するメールとそのタイミングの設定ができます。

あらかじめ設定したシナリオに応じて、指定した日時になったらターゲットの条件に合致するリードに自動的にメールを送信します。

料金表や事例など、購買に深く関わる行動をするリードに対してシナリオを実施すれば、より多くの営業引合いを獲得できる可能性があります。

Kairos3のスコアリング機能の画面

シナリオの条件

特定Webページの閲覧や、資料ダウンロードなどの特定フォームから登録したリードに対して、自動的にシナリオを実施します。

メール配信

配信するメールの内容、配信日時は、シナリオ毎に設定が可能です。あらかじめ登録したメールから選定します。

平日限定機能

法人営業の場合、土日祝日のメールの反応はグッと悪くなります。平日限定機能を使えば、土日祝日を避けてメール配信ができるため、高い反応が期待できます。

優先度を設定してシナリオ実施の重複を避けます

メールマーケティングの自動化は諸刃の剣です。自動化に頼るあまり、同じリードに複数のメールを送信してしまえば、すぐにオプトアウトされてしまいます。

マーケティングオートメーション「Kairos3」のシナリオ機能では、それぞれのシナリオに優先度を設定することで、各リードに対してシナリオの重複実行を避けるようにしました。

より優先度の高いシナリオが特定リードに対して実行されます。

シナリオには優先度が設定できます

シナリオ毎の優先度

各シナリオに対して優先度が設定できます。優先度の高いリードを優先してシナリオを実行します。

毎日チェック

各シナリオに属するリードは毎日チェックしております。そのため、重複してメールが送信されることがございません。

優先度の自動変更

あるリードが優先度の低いシナリオ実施中に、優先度の高いシナリオの条件に合致すれば、その処理は自動的に実施されます。

各シナリオの実施結果をグラフでレポート

シナリオの実施結果をグラフでレポートします。

シナリオ内での各メールの反応、各リードの行動履歴をレポートにて確認し、より反応の高いシナリオのための改善のポイントを把握します。

シナリオを改善し続ければ、業務効率がアップするだけでなく、より多くの営業引合いをマーケティングオートメーション「Kairos3」が創出できるようになります。

Kairos3のスコアリングはリードの購買意欲を計測するだけでなく、マーケティング活動の全体を最適化します。

配信数・配信率

メール配信の基本的な結果をレポートします。タイムリーにニーズにあった情報をメール配信できれば、リードの高い反応が得られるはずです。

リードの反応

リードの反応が多いメール本文内のリンクを表示します。シナリオ対象となったリードのニーズを探しだすのに便利です。

解約率

あなたの届ける情報が不要と判断した場合、リードはオプトアウトします。オプトアウトはニーズを読み取る1つの大きな指標です。
お客さまの声

「シナリオ機能で、毎日やっていたマーケティング作業が自動で実行できるようになり、マーケティング業務の効率化が実現できました。また、作業忘れもないため、より多くの営業引合いを獲得できるようになりました。」

ITソフトウエア
事業部長