MA/SFAツール「Kairos3」のソリューション

営業活動の効率をあげたい

営業活動における「検討状況確認のご連絡」は非効率になりがちですが、「Kairos3」では、状況確認が必要な理由ごとにお客さまを分類してメールが送れるので、効率化を図ることができます。

営業活動において
「フォロー業務」は非効率になりがち

連絡が途絶えたお客さまへの状況確認(フォロー)は、機会損失防止のために必要な業務ですが、タイミングが合わずにコンタクトが取れないことも多く、非効率になりがちです。

概要図:営業活動における「フォロー業務」が非効率に陥りやすい訳

お客さまを
フォロー理由ごとにまとめて一斉メール

自由にお客さまのセグメントを作れる「タグ機能」と「一斉メール配信機能」を使うことで、営業案件のフォロー業務を効率化できます。

概要図:お客さまごとに一括メール送信

メールに反応したお客さまを
自動で抽出

「リード通知機能」を使うことで、フォローすべきお客さまのリストが毎日自動で作成され、担当者宛にメールで通知することができます。

フロー図:「リード通知機能」を利用したリード通知の流れ

営業担当者との連携をシームレスにして
「ムダ」を削減

Kairos3」ではSFA(商談管理機能)から営業担当が商談状況に合わせて直接タグ情報を設定することができます。タグの情報を元に、フォローメールを配信できるので、営業担当のフォローの手間が省けます。

概要図:SFA利用による作業効率化

メール送信を自動化して
フォローの手間を最小限に

シナリオ機能」を使うことで確認メールを自動で配信でき、タグ設定から配信されるまでのスケジュールも一定となるため、漏れなく効率よく確認業務ができます。

フロー図:「シナリオ機能」を利用したフォロー業務の流れ

「Kairos3」で実現できること

反応のあったお客さまだけに
集中できます

検討状況の確認ができないお客さまのフォローをメールで自動化することで、検討度の高いお客さまに集中してアプローチすることができます。
メールへの反応やその後のWEBサイト閲覧があるお客さまを優先してフォローを行うので、営業活動の業務を効率化できます。

概要図:SFAを利用してフォロー業務をスムーズに

「Kairos3」導入による実際の効果

「Kairos3」のことを詳しく知りたい