ニュース

「Kairos3」、添付ファイルの自動保存や別担当者のタスク登録機能で営業の管理業務を効率化

カイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介)は、2022年12月12日(月)、マーケティングオートメーション「Kairos3 Marketing」とSFA「Kairos3 Sales」に関連する一部機能の拡充を実施したことをお知らせいたします。

フォームやメールの添付ファイルを自動保存

見積書や会社案内資料などのデータを「Kairos3」上に保存できる「ファイルストレージ機能」をご利用いただくと、お客さまからフォーム経由でいただいた資料や、営業がお客さまに送付したメールの添付ファイルが、「Kairos3」上に自動で保存されるようになります。

営業活動で顧客と共有した資料も「Kairos3」に集約し、データを探す手間が省けます。

※添付ファイルの自動保存には有料プランのご利用が必要です。

商談担当者以外のタスク設定

営業業務の抜け漏れを防ぐ「ToDo機能」に任意の担当者を設定できるようになります。商談に複数の担当者が関わる場合のToDoも「Kairos3 Sales」上で作成し、進捗管理ができます。

営業活動に関連する担当者ごとの業務を「Kairos3 Sales」に集約できるようになり、業務の抜け漏れを防止するとともに業務管理のコストを削減します。

Kairos3」について

「Kairos3」は、営業・マーケティング活動を⽀援するクラウド型サービスです。マーケティングオートメーション(MA)、SFA、日程調整ツールを提供し、見込み客の獲得・管理から営業商談の日程調整・商談記録・クロージングまで支援。「Kairos3」は、企業の営業DX推進を後押しします。