MA/SFAツール「Kairos3」の課題別活用シーン

社内に眠る名刺を有効活用する

名刺管理アプリを使って「Kairos3」に社内の名刺情報を集約することで、今までフォローできていなかったお客さまをすぐに一斉メールの対象にでき、名刺情報を有効に活用できるようになります。

名刺のデジタル化は
できていますか?

名刺をデジタル化して「Kairos3」と連携することで、すぐに一斉メールの配信が可能となります。
メール文面に宛先名や営業担当名の差し込みができ、メールマーケティングで大きなメリットを生み出します。

手に入れた名刺をデジタル管理してリード獲得に繋げましょう

かんたん設定だけで
名刺情報を「Kairos3」に連携

Kairos3」は、「Sansan」や「CAMCARD BUSINESS」でデジタル化された名刺を1クリックで取り込むことができます。

Kairos3なら1クリックで名刺データと連携可能

名刺情報を取り込んだその日から
営業アプローチをスタート

Kairos3」にデータを取り込むことで、すぐにメールでの営業やセミナーをはじめとするイベント集客に使うことができます。

活用方法
メール営業 / 展示会・セミナー集客 / キャンペーン告知 / お知らせ / メルマガ
名刺データをリード化し、営業やセミナー・イベント集客に活用可能に
  

差し込み機能で作る
「読まれるメール」

名刺データを取り込むとお客さまと営業担当者が関連付けられ、メールの文面にそれぞれの名前を差し込むことができます。
一斉配信のメルマガも私信のように演出することができます。

一斉メールをまるで個別メールのように演出

「Kairos3」導入による実際の効果

「Kairos3」のことを詳しく知りたい