セミナー運営業務の時間を短縮し、セミナーから案件を創り出す仕組みがあります

マーケティングオートメーション「Kairos3」のセミナー管理機能では、セミナー運営にかかわる業務の負荷を大幅に軽減することができます。

セミナーの出欠データは、セミナー実施後のフォローアップにも活用することができます。

「Kairos3」のセミナー管理機能の特徴

「Kairos3」のセミナー管理機能を使って、営業案件につながる集客を効率的に実現することができます。

セミナー運営の業務プロセスを確立できる

「集客」「出欠管理」「開催後フォロー」というセミナー運営の複雑な業務プロセスを確立できるように手助けしてくれます。

セミナー申込み顧客情報を一元管理して、ミスを減らせる

セミナーの集客・登録の各状況を包括的に管理するため、作業や引き継ぎのもれを防ぎます。もう、出席者リストをExcelで管理する必要はありません。

セミナー運営業務にかかる時間を短縮できる

マウス操作中心に出欠管理できます。出席・欠席のリストも自動作成するためセミナー運営の手間が大幅に削減されます。

煩雑な業務を整理して、案件につながるセミナー開催の業務プロセスを確立できる

セミナー運営に関わる煩雑な業務プロセスを整理します。

マーケティングオートメーション「Kairos3」を使うと、「開催日までの集客」「当日の出欠管理」「開催後フォロー」というセミナー運営に不可欠な業務プロセスをたったひとつのツールで実行することができるようになります。

スピーディに営業機会を最大化

開催日までの集客

セミナーの申込み受付フォーム作成や、受講票の送付、リマインドメール送付などのセミナー開催前の集客業務ができます。

当日の出欠管理

ボタン操作のみで出欠管理ができます。出席情報は行動履歴として記録し、スコアリングにも反映します。

開催後フォローアップ

セミナー開催後のフォローアップに必要な、出席者リストや欠席者リストの作成も自動的に行ないます。