浅間商事株式会社

業務の属人化がなくなり、作業工数も1/3に削減

浅間商事株式会社 URL

柳沢 太一 様
代表取締役社長
業種
商社
活用用途
メルマガ 新規顧客獲得 自社セミナー運営

導入前の状況

  1. お客さまとの接点を増やすため、他社のMAでメルマガ配信を開始したものの、設定の自由度が高く社員1名しか運用に携わることができなかった。業務が属人化してしまっていた。
  2. 自社セミナーの運営に多くの時間を要しており、ツールで効率化したいと考えていた。
  3. ツールの利用料をもっと低くおさえたかった。

要件や選定の決め手

  1. セミナー登録フォームやメルマガ配信の設定画面が分かりやすく、コンサルや研修を受けなくてもすぐに実務運用できそうだった。
  2. 自社セミナーを効率良く運営でき、セミナーから商談数を増加できると確信できた。
  3. ツールの年間利用料を1/5に削減できることが見込めた。

導入による効果

  1. フォーム作成、メルマガ配信設定、営業へ渡すお客さまリスト作成業務にかかる時間が約1/3になった。
  2. 営業担当者が、訪問前にお客さまのニーズを推測して提案資料を作れるようになり、訪問回数の削減につながった。
  3. マーケティング担当者が、「自社セミナーがいつ開催されても大丈夫」という余裕を持てるようになった。

「次の10年を共に創る」中小企業専門のITアドバイザー、浅間商事株式会社

[「カイロスマーケティング株式会社」(以下、「KM」)]浅間商事株式会社さまの事業についてお聞かせください。

浅間商事株式会社は、「中小企業専門のITアドバイザー」です。中小企業のIT活用のトータルアドバイザーとして、複合機をはじめ、ネットワーク機器やセキュリティ機能などオフィス環境を構築するサービスをご提案しています。

お客様へ時流に合った情報提供をし、手の届く価格でお客様ごとに「ちょうどいい価値」をご提案、導入後も寄り添うサービスでお客様の次の10年を共に創る会社でありたいと思っております。

中小企業の働き方を効率的で安心なものにするために、働き方改革推進のためのWEBサイト「あさまラボ」を運営しています。「あさまラボ」では、マーケティングオートメーションを含む、ITツールについて紹介しています。

thumnail:浅間商事株式会社さまのウェブサイト

働き方改革推進のためのWEBサイト「あさまラボ」
https://www.asama-lab.com

作業工数の削減や商談数の増加ができていなかった

[KM]「Kairos3」導入の経緯についてお聞かせください。

ツール導入以前は、お客さまとの接触は訪問営業のみで、お客さまを訪問できる件数が限られていたことが課題でした。より多くのお客さまと定期的に接点を持つ方法の一つとしてメルマガを配信することにしました。

ツールを導入するならメルマガ配信だけではなくて、WEB設置用のフォーム作成や、お客さまのWEB行動を確認することができるマーケティングオートメーションを活用しようと考え、最初は他社のマーケティングオートメーションを導入しました。

他社のマーケティングオートメーションは自社用に設定をカスタマイズできたり機能が豊富に用意されたりと、自由度が高いツールでした。そのぶん実運用前の研修受講も必須でした。画面を見ただけでは操作設定がむずかしく、業務が属人化してしまい、担当者の負担が多くなってしまっていました。

[KM]導入後すぐの運用はむずかしいツールだったのですね。

はい。また、自社セミナーの開催を始めたのですが、ツールではセミナー運営を効率化できず、運営の作業工数がかかっていました。セミナーから商談数を増やすことが理想でしたが、なかなかできていませんでした。

運用面に加えて、ツール利用費用がかさんでいたこともあり、使用するマーケティングオートメーションを見直すことにしました。

thumnail:浅間商事株式会社さまの事例取材風景

代表取締役社長 柳沢さま

「Kairos3」は思い描いていた理想のUIだった

[KM]ツールの選定で重視された点は何でしょうか?

業務の属人化はとにかく避けたいと思っていましたから、誰でも操作できるようなUIであることを重視しました。

機能面では、一つのツールでメルマガ配信、フォーム作成、リードの管理、リードのWEB行動履歴の確認、セミナー管理ができるかどうかです。当社は自社セミナーを重視しています。お客さまと直接お会いでき、セミナー後は商談につなげることができるからです。自社セミナーの運営が楽になることもツールに求めました。

各社のマーケティングオートメーションを調べていくうちに「Kairos3」のことを知り、カイロスマーケティング社に連絡して操作画面を見せてもらいました。

[KM]「Kairos3」の印象はいかがでしたか?

お客さまのWEB行動履歴を確認するページは、メールの開封やURLのクリック情報、WEBサイトを見た行動が時系列順に色別で表示されて、誰が見ても分かりやすいものでした。まさに「こんなページだったら良いのに」とわたしが思い描いていた理想のページ構成になっていました。

ツールで効率化したいと思っていたメルマガ配信、セミナー管理の操作も、画面を見ればすぐ運用できそうなUIでした。カイロスマーケティング社からの説明を受けてすぐ「次に導入するのは『Kairos3』だ!」と思いました。

すぐに実務運用をスタートできた

[KM]導入はスムーズにできましたか?

はい。前のツールで管理していたお客様データをCSVファイルに整備して「Kairos3」に取込みました。「Kairos3」の操作は驚くほどかんたんでした。

例えばメルマガでは、以前は自動返信メールの設定で一苦労していたのですが、「Kairos3」は画面に表示される文章を読んで迷わず設定できました。お客さまの属性や興味などの情報もCSVファイルで取り込んでいたので、お客さまの興味別に出し分けるメルマガもすぐに配信できました。

メルマガは定期的に配信しています。メルマガ内には「セキュリティ」「働き方」「ICT活用」など複数のテーマを掲載しています。メルマガの開封やURLのクリックがあったお客さまについてはリストを作成し、営業担当へ渡しています。

導入前に思っていたとおり、「Kairos3」は事前研修など必要なく、すぐ実務運用を始められました。

[KM]セミナー運営はいかがですか

まず、セミナー登録用のフォームを作ります。「Kairos3」でセミナー登録フォームを作成すると、お申込み登録人数の上限設定がかんたんにできて良いですね!フォームに登録いただいた後にお客さまへ表示するメッセージもすぐ設定できました。

ご登録いただいたお客さまへは、受講票をメール送信します。受講票メールは、「Kairos3」でテンプレートを用意しておくことですぐに送信できます。

セミナー当日は「Kairos3」の参加者リストに表示される、出席、欠席のボタンを押して出欠管理します。セミナー後は、出席者と欠席者をセグメントしてフォローメールをお送りします。

thumnail:浅間商事株式会社さまの事例取材風景

デザインにこだわった、モダンなオフィスで取材させていただきました

セミナー担当者から感謝されるようになった

[KM]「Kairos3」を導入して営業担当さまの反応はありましたか?

マーケティング担当も営業担当も「Kairos3」を活用しています。WEBフォームからお問い合わせがあったときに、誰でもお客さまのWEB行動を確認することができるので、スピーディにお客さま対応ができるようになりました。

営業担当は、「Kairos3」でお客さまのWEB行動を確認することで、訪問前にお客さまのニーズを推測して提案資料を作れるようになりました。つまり訪問回数を1回削減できるようになりました。

[KM]営業活動の効率がよくなっていますね。

マーケティング業務も効率化できています。以前と比較して、フォーム作成、メルマガ配信設定、営業へ渡すお客さまリスト作成にかかる時間が約1/3に削減されました。

セミナー担当者からも感謝されています。

以前はセミナー開催が決まると、「準備が大変だな」と億劫だったようですが、「Kairos3」導入後は一連の面倒な作業をツールでできてしまうので、「いつセミナー開催になっても大丈夫」、と余裕を持てるようになったそうです。

[KM]さいごに、今後のお取り組みなどをお聞かせください。

自社セミナーは、開催数をもっと増やしたいと考えています。そのために「Kairos3」の機能をさらに使いこなしてセミナー運営をまわしていきたいです。

あとは今まで以上に、中小企業さまが売上アップするための仕組みづくりを支えていきたいですね。「Kairos3」を使って「中小企業のITアドバイザー」として新しい営業スタイル、働き方をお客さまへ広めていきたいです。

thumnail:浅間商事株式会社さまの事例取材風景

お忙しい中、取材のご対応ありがとうございました!

Kairos3のことを詳しく知りたい
資料請求
Kairos3を導入検討したい
お問合わせ