ASIMOV ROBOTICS株式会社

「Kairos3」活用例を実践して営業の仕組みを構築、導入1ヶ月で商談化

ASIMOV ROBOTICS株式会社 URL

藤森 恵子 様
代表取締役CEO
中村 忠司 様
執行役員CMO
業種
RPA導入コンサルティング
活用用途
SFA メルマガ 新規顧客獲得 顧客情報管理

導入前の状況

  1. セミナー参加者へのお礼メールを、宛名を手動入力して配信していたため手間がかかり、限界を感じていた。
  2. 新しいツールであるRPAの概念や効果を知ってもらうために、有用な情報を提供する手段が欲しかった。
  3. 新規顧客の獲得数を、紹介に頼らず増やしたいと考えていた。

要件や選定の決め手

  1. 「Kairos3」の操作画面がわかりやすく、すぐに利用開始できそうだと思った。
  2. 無料セミナーが頻繁に開催されていて「運用の定着ができそうだ」とサポートに安心感を持った。
  3. 従量課金の価格体系で、小さく始められる。

導入による効果

  1. メール配信業務の時間が削減された。
  2. 顧客管理、メール配信、営業案件管理を「Kairos3」ひとつで実現し、丁寧な顧客対応が可能になった。
  3. 1ヶ月で営業の仕組みを構築でき、止まっていた商談が再び前に進んだ。

RPAで中堅・中小企業の業務改善を支援するASIMOV ROBOTICS株式会社

[「カイロスマーケティング株式会社」(以下、「KM」)]ASIMOV ROBOTICS株式会社さまの事業についてお聞かせください。

ASIMOV ROBOTICSは、人手不足にある中堅・中小企業及び会計事務所を対象に業務改善のきっかけとしてRPA(Robotic Process Automation)の導入支援をおこなっています。企業の業務フローや管理体制を知り尽くした公認会計士が最適な業務フローをご提案するなど、コンサルティングの質の高さで選ばれています。

マニュアルや研修が不要なストレスフリーの導入と、活用状況を見える化するオリジナルシステムで、RPAの確実な運用定着と業務効率化を実現します。

thumnail:ASIMOV ROBOTICS株式会社さまウェブサイト

RPAの導入コンサルティングをおこなうASIMOV ROBOTICS株式会社さま

業務効率化と新規顧客獲得のため、MAツールを検討

[KM]マーケティングオートメーション(MAツール)導入の経緯を教えてください。

以前から自社セミナーを開催しており、セミナー参加者へのお礼メールを一般的なメール配信ツールを使って配信していました。ツールの仕組み上、配信時に手動でお客さま名を差込みしなければならず、時間がかかっていました。このままではセミナー数や参加者数を増やした場合に対処しきれなくなってしまう、と限界を感じていました。

また、新規のお客さまについて、お付き合いのあるお客さまからご紹介いただくことが多く、自力で獲得する方法を模索していました。わたしたちが提供するRPA導入コンサルティングのサービスは、中堅・中小企業さまの業務効率化を目的としております。多忙な中堅・中小企業の経営者さまとお会いする機会を増やすには、当社からの積極的なアプローチが必要だと考えていました。

そのような中、以前より注目していたMAツールであれば、メール配信や新規顧客の獲得に有効だと考え、選定を開始しました。

すぐに利用開始できそうなUIと、サポートの安心感で「Kairos3」を選択

[KM]なぜ「Kairos3」を選んでいただいたのでしょうか。

複数社のMAツールの説明を聞いたのですが、自社での運用イメージがなかなか湧きませんでした。

カイロスマーケティング社では無料セミナーが開催されていると知って、参加してみました。セミナー後に個別相談の時間がもうけられていたので、そこで顧客管理や、フォーム作成、メール配信などのデモンストレーションを見せてもらいました。

「画面に表示されている説明を読めばすぐ設定できるような、わかりやすい画面だな」と思ったのが「Kairos3」の最初の印象です。

[KM]使いやすそうな画面(UI)、が第一印象でしたか。

はい。わたしたちが参加したセミナー以外にも、無料セミナーが頻繁に開催されていたり、「Kairos3」利用者向けのトレーニングもあったりして、「導入後も運用が定着できるサポートがある」と安心感が持てました。

[KM]セミナーやトレーニングで運用定着の安心感を持っていただいたのですね。

また、登録リード数、PV(ページビュー)数、メール配信数で月額費用が決定するという料金体系なので、リードが少ないうちは利用料金を小さく始められる点も良いと思いました。

thumnail:ASIMOV ROBOTICS株式会社さまの事例取材風景

CEO藤森さま、CMO中村さま

名刺情報と営業案件を「Kairos3」で一元管理

[KM]導入後、まず何をされましたか?

はじめに、社内で保有しているお客さま名刺情報や営業案件内容を洗い出し、自社RPAツールを使ってCSVファイルで整理して「Kairos3」へ取込みました。その後の取込み作業も、自社RPAツールを使って自動で行なっています。

名刺情報を取込んだあとは、しばらくご連絡できていないお客さまもいらしたので、すぐにご挨拶も兼ねたメルマガを配信しました。お客さまによっては配信エラーとなる場合もあり、メールアドレスを変更されていることが確認でき正しいメールアドレスに更新したり、名刺情報を整理したりしました。

[KM]すぐメルマガを配信されたのですね。

その後のメルマガでは、RPAや業務効率化に関する情報、お客さま導入事例のご紹介、セミナーのご案内などを配信し、メルマガに反応があったお客さまは個別にメールやお電話でフォローしています。

以前の課題だったメールの宛名差込は、「Kairos3」ではとても簡単にできます。メール配信業務の時間が削減できて、人的リソースの限られているベンチャーなので、非常に助かっています。

[KM]「Kairos3 SFA」で営業案件の管理されていますね。

「Kairos3 SFA」で営業活動ログの記録とToDo管理をおこなっています。「Kairos3 SFA」はテンプレートが使いやすく、日々の入力もサクサクできています。

thumnail:ASIMOV ROBOTICS株式会社さまの事例取材風景

「Kairos3」の画面を確認しながら、導入効果をお話しいただきました

MAとSFAを活用し、導入1ヶ月で商談を創出

[KM]「Kairos3」を導入して1ヶ月ですがメルマガの反応はありますか?

わたしたちもびっくりしているのですが、ありがたいことに、毎回、返信をくださるお客様もいらっしゃいます。また、返信をいただいたお客さまのうち3割くらいは実際の商談に繋がっています。

[KM]メルマガから商談化されたのですね!「Kairos3 SFA」を使って変化はありましたか?

以前は、ToDoアプリや他社SFAツールを使ってやるべきことを管理していましたが、優先順位付けや時系列での管理が難しいという問題点がありました。「Kairos3 SFA」を活用することで、案件ごとにToDoが可視化されて誰でも確認でき、情報を共有することで、お客様対応を抜け漏れなく丁寧に進めることができるようになりました。

[KM]「Kairos3 SFA」でToDoを確実に実行できる仕組みができたのですね。

実は、「社内の名刺は宝の山だから名刺を整理してメールで継続的に連絡をとることが大事」とか、「メルマガで事例紹介をすると良い」といったことは、カイロスマーケティング社自身が実施している「Kairos3」活用ノウハウとして、セミナー後の個別相談でサポート担当者から聞いたことです。それを当社でも実践してみました。また、同じくご紹介いただいた「Kairos3 SFA」のToDo機能は、長年営業に携わった経験から、あったらいいなと思っていた機能が実装されており、すぐに活用をはじめました。

そうしたらお客さまの反応がダイレクトにありました。メールの反応だけでなくWEBページの閲覧数が上がり、WEB更新のモチベーションにも繋がりました(笑)

[KM]当社のノウハウがお役に立てたようでしたなら幸いです。

名刺管理や、メールを活用したお客様との接点作り、営業案件管理などは、当たり前にやるべきことかもしれませんが、ツールがないとどうしても難しく、できないと機会損失につながってしまいます。

その当たり前にやるべきことが、確実に、かつ簡単にできて、仕組み化できるツールが「Kairos3」だと思います。今後ともよろしくお願いいたします!

thumnail:ASIMOV ROBOTICS株式会社さまの事例取材風景

素敵なオフィスで和やかに取材させていただきました。お忙しいなかご対応ありがとうございました!※WeWork丸の内北口ビルディングにて撮影

「Kairos3」のことを詳しく知りたい