株式会社ビーライズ

メルマガと資料請求フォームの活用で、紹介案件に頼ることなく、新規商談数がアップ

株式会社ビーライズ URL

藤田 大地 様
XR企画開発部
高原 千明 様
XR企画開発部
石原 裕輝 様
XR企画開発部
業種
IT・通信
活用用途
メルマガ 営業活動の効率化 展示会フォロー 新規顧客獲得 顧客情報管理

導入前の状況

  1. 展示会でお会いしたお客さまへ、お礼メールを送信したり、継続して接触したいと考えていた。
  2. 請求フォームをつくり、新規の見込み客を獲得したかった。

要件や選定の決め手

  1. 3ステップでメルマガを配信できるわかりやすい操作性で、すぐに活用できると思った。
  2. 利用状況に応じて価格が決まる料金体系で、小さく始められる。

導入による効果

  1. 新規のお客さまからの商談数が増えた。
  2. 毎月安定して新規見込み客を獲得できるようになった。
  3. 代理店を希望する企業からの引き合いが増えた。

XR を主体としたデジタルトランスフォーメーション を創造する、株式会社ビーライズ

[「カイロスマーケティング株式会社」(以下、「KM」)]株式会社ビーライズさまの事業についてお聞かせください。

ビーライズは、主にVRやARといった「XR」と呼ばれる技術を活用したコンテンツやソフトウェアを開発する事業を行っています。

人々のデジタル接点が増えていく中、XR等のデジタル技術を活用した体験を通じて、ビジネス課題を解決する重要性が高まっています。

例えば、VRヘッドセットを装着することで、フル3Dの空間で医療現場やものづくり現場の職業トレーニングができ、「座学」だけでは学べない「体験型」の研修をおこなえるようになります。Webブラウザで閲覧できるバーチャルイベント・展示ルームでは、人と接触せずに、企業の広報・営業活動をおこなっていただけます。

thumnail:株式会社ビーライズさまの事業

XR技術を活用したサービスを展開されるビーライズさま

[KM]藤田さまの業務を教えてください。

XR企画開発部のメンバーとして、サービスの企画、ディレクション、お問い合わせの初期対応などを中心に、営業活動をすることもあります。展示会出展の企画、運営などもしています。

thumnail:株式会社ビーライズさまの事業

XR企画開発部 藤田さま

展示会でお会いしたお客さまをフォローするためにMA導入を検討

[KM]マーケティングオートメーション(MA)導入の経緯を教えてください。

VRやAR、MRのサービスは、ヘッドセットを装着して体験することで、良さを感じていただけます。そのため、当社オフィスの展示ルームや展示会場などで実際に体感いただける機会を多くご用意していました。

展示会は以前から出展しており、コロナ禍の前は年に数回出展していました。広島県内のみならず、東京ビッグサイトや幕張メッセなど各地の会場に行っていました。

展示会に出展し現地での営業活動は力を入れていましたが、出展後にお客さまとのコミュニケーションがとれていませんでした。出展後にフォローをしてお客さまとの関係を継続できると新規商談をもっと増やせるかもしれないと考え、お礼メールを送信できるようなツールを探しました。

thumnail:株式会社ビーライズさまの事例取材風景

XR企画開発部 高原さま

[KM]展示会後のお客さまフォローに役立つツールを検討されたのですね。

また、展示会場だけでなくWebサイトからも新規見込み客を獲得できるようにお問い合わせフォームを設置していたのですが、お客さまにとってはお問い合わせよりも資料請求フォームのほうが気軽に登録できるのではないか?と感じていました。一方で、フォームを設置するためにWebサイトの改修をするには工数がかかりそうで手をつけられていませんでした。

[KM]新規見込み客の獲得数を増やすためにも、フォーム作成ができるMAが適していると感じられたのですね。

はい。MAを活用すると、Webサイトの大幅な改修は不要で、ほぼマウス操作だけで資料請求フォームを作成できることがわかり、導入することにしました。

[KM]なぜ「Kairos3」を選んでいただいたのでしょうか?

各社のMAツールをインターネットで調べたり、問い合わせしたりしました。

中でも「Kairos3」のメール配信操作は、リスト作成→本文作成→配信日時の設定、と3ステップででき、わかりやすいと感じました。

コスト面でも、利用状況に応じて価格が決まる料金体系で小さく始められるため、まずは試してみようと思いました。

thumnail:株式会社ビーライズさまの事例取材風景

XR企画開発部 石原さま

一番の導入効果は、新規顧客との商談が増えたこと

[KM]メルマガの運営について教えてください。

過去に名刺交換したお客さまやWebから資料請求・問い合わせいただいたお客さまへ、定期的にメルマガ配信をしています。内容はXRに関するお役立ち情報、活用事例などが中心です。

「Kairos3」に登録しているお客さまには、リードタグ機能を使い、お客さまとどこで接点を持ったかを属性として付与しています。例えば「2019年10月〇〇展示会」とか「資料請求」「お問い合わせ」などです。リードタグがあることで、後の営業トークのきっかけをつかみやすくなります。

[KM]「Kairos3」でメルマガを始めて効果がありましたか。

以前は、既存顧客からの紹介による営業案件が多かったです。「Kairos3」で定期的にお客さまへ情報発信をすることで、新規顧客との商談を生み出せるようになりました。販売代理店を希望する企業からのお問い合わせも増えました。

「Kairos3」導入前には取りこぼしていたお客さまから引き合いをいただけていると感じます。商談数を増やせるようになったことが、「Kairos3」を導入した一番の効果ですね。もっと早く導入したかったです。

thumnail:株式会社ビーライズさまの事例取材風景

ヘッドセットを実際にご用意いただきながらお話しを伺いました

毎月安定して新規見込み客を獲得できるように。営業の質も向上

[KM]営業ではどのように「Kairos3」を活用されていますか?

お客さまから資料請求やお問い合わせをいただいたら、そのお客さまのWeb閲覧履歴を確認します。「Kairos3」でWeb閲覧履歴を見ると、そのお客さまがどのサービスに興味を持っていただいているかを推測できます。確認後に、お客さまの興味関心に適した事例や資料をお送りしています。

ありがたいことにお問い合わせをいただくことが増えてきました。対応は少ない人数でおこなっているのですが、「Kairos3」でお客さまの情報を見ることで少人数でも早く的確に対応できます。

[KM]お客さまのニーズがわかることで、営業活動の質も向上できているのですね。

はい。新規見込み客の獲得数も増えています。Webサイトでお役立ち記事や事例コンテンツを充実させたり、資料請求フォームへの動線を増やしたりして、新規見込み客を安定して獲得できるようになりました。以前と比較したら10倍くらい増えたと思います。

[KM]さいごに今後についてお聞かせください。

今後もさらにお客さまにお役立ていただける情報をWebサイトやメルマガで提供していきたいです。

オンライン上でのお客さまコンタクトも増やしていきたいですね。これからも「Kairos3」を活用させていただきますので、よろしくお願いします!

thumnail:株式会社ビーライズさまの事例取材風景

取材のご協力とVR、MRの体験もさせていただき、ありがとうございました!

「Kairos3」のことを詳しく知りたい