株式会社ワクフリ

コロナを機に、営業・マーケティング体制を見直し。メルマガの開封率・回帰率が2倍になり、営業につながるマーケティングを実現。

株式会社ワクフリ URL

髙島 卓也 さま
代表取締役
ひの りほ さま
PRライター
業種
コンサルティング
活用用途
アンケート イベント集客 メルマガ 営業活動の効率化 新規顧客獲得 自社セミナー運営

導入前の状況

  1. 紹介を中心に新規のお客さまを増やしていた。
  2. メルマガやセミナーなどのマーケティング活動は社内でおこなっていたが、商談にはつながっていなかった。
  3. 紹介で顧客が増える状況だったので、マーケティングや営業に課題を感じていなかった。

要件や選定の決め手

  1. コロナ禍になり、紹介が発生しなくなったことで売上が減少。今までやっていたマーケティング活動を見直す必要があった。
  2. マーケティング活動の効果や成果の分析も必要だと思い、Web行動の測定ができるM Aツールが良いと考えた。
  3. 役員が利用経験のあるKairos3を勧めてもらい導入することにした。

導入による効果

  1. メルマガの開封率が8%から15%に、回帰率が1%未満から2~3%に改善。
  2. 1回のメルマガから20名のセミナー申し込みをいただいた。
  3. メルマガごとの開封率・回帰率が、次のメルマガの改善の材料になる。

バックオフィスの業務改善コンサルティングを提供する株式会社ワクフリ

[「カイロスマーケティング株式会社」(以下、「KM」)]株式会社ワクフリさまの事業についてお聞かせください。

当社は中小企業の “働き方を自由に” するため、バックオフィスの業務改善コンサルティングを提供している会社です。

業務改善をしたいと考えていても、今抱えている業務で時間がなく、社内のリソースだけでは難しいという企業さんも多くいらっしゃいます。当社は、業務改善コンサルティングを伴走型で提案・実行し、改善された業務環境や働き方が定着するまでサポートしています。

クラウドサービスのご紹介や活用までの支援もおこなっています。企業でのこれまでの業務フローを整理・可視化し、クラウドサービスを活用して効率化しやすいように見直しをするところからお手伝いをしています。クラウドサービスを活用することで、在宅勤務が可能になる、子育てや介護などの事情があっても柔軟な働き方ができるなど、誰でも働きやすい環境を提供しています。

業務改善コンサルティングの他にも「スモールアシスト」、「ワクデミー」といったサービスを提供しています。「スモールアシスト」は零細企業を対象に、クラウドサービスに関する相談をチャット形式でお受けするサービスです。「ワクデミー」では、クラウドサービスを利活用して企業の業務改善まで達成できる人材を育成するクラウドサービスコーディネーター養成講座を開催しています。

thumnail:株式会社ワクフリさまの事業

バックオフィスの業務改善コンサルティングを提供する株式会社ワクフリさま

コロナ禍で営業の紹介案件が減少。マーケティングでお客さまから直接問い合わせを獲得できるような体制へ。

[KM]マーケティングオートメーション(MAツール)導入の経緯を教えてください。

きっかけは新型コロナウイルスの影響によって、オンライン中心の業務になったことにあります。緊急事態宣言が発令されるなど、人との接触が避けられる状況になり、当社でも在宅勤務をおこなうようになりました。

もともと社内の業務のほとんどはクラウドツールを活用して管理していたので、会計などのバックオフィス業務やタスク管理は、在宅勤務でも問題なく進められていました。在宅勤務になったことで、以前よりもコミュニケーションをとる意識が生まれ、情報共有は活発になりました。

[KM]急な在宅勤務にも柔軟に対応されていらっしゃるのですね。

ほとんどの業務は対応できましたが、営業面だけは課題でした。業務改善のコンサルティングを当社と同様にやっている企業はほとんどないため、これまでは既存客や銀行・会計事務所などからの紹介でお客さまを増やしていました。コロナ禍になり、これまで企業を紹介してくれていた人と会う機会が減少してしまったことで紹介が発生しなくなり、売り上げが減少していきました。

これからはマーケティング活動で、自社に直接お問い合わせや依頼が来るような体制を作っていかなければいけないと考えました。

[KM]コロナ以前、マーケティング活動は行っていらっしゃったのですか?

セミナー登壇やブログ更新、メルマガ配信といったマーケティング活動はおこなっていましたが、商談につながるかを重要視していませんでした。紹介でお客さまが増えていたので、マーケティング活動から商談にならなくても困らなかったからです。

コロナ禍で紹介が発生しない状況になり、今までのマーケティング活動を見直しました。今後はマーケティング活動の効果の分析も必要だと思い、お客さまのWeb行動などからお客さまの反応がわかる機能があるMAツールを導入することにしました。

役員がKairos3の活用経験があり、当社で活用するならKairos3が合っていると勧めてくれたので、まずはKairos3を使ってみようと導入しました。

thumnail:株式会社ワクフリさまの事例取材風景

株式会社ワクフリの代表取締役 髙島さま

人に情報を伝えるプロの力も借りてメルマガを改善。開封率や回帰率が2倍に。

[KM]Kairos3を導入し、今どのように活用されていますか?

セミナーやメルマガ配信をKairos3でおこなっています。セミナー企画やメルマガ内容の企画は、協力企業にお願いし、メルマガの内容執筆は業務委託のライターさんに頼んでいます。

[KM]協力企業や業務委託など、外部のリソースを活用されているのですね。

今まではメルマガもブログも全て内製でおこなっていましたが、商談にはつながっていませんでした。

人に伝えることを得意とする外部の専門家(ライターさん、デザイナーさん)の手を借りて、商談につなげるためのマーケティング活動をおこなえる体制をつくりました。

[KM]Kairos3を導入し、マーケティングの体制も見直してみて、効果はいかがでしたか?

メルマガの開封率が以前は8%ほどでしたが、最近では15%と約2倍になりました。以前は回帰率が1%に満たなかったのですが、今では2~3%になり、多くのお客さまがメルマガを読んでくれるようになりました。

メルマガを読んで終わりではなく、セミナー申込をしてくれるお客さまも増えました。以前はメルマガをきっかけにセミナーのお申込みがあったらラッキーだと思っていましたが、見直しをしてからは1回のメルマガから20名以上のお申し込みをもらうこともありました。

thumnail:株式会社ワクフリさまの事例取材風景

Kairos3のレポートを確認しながら、現在の活動状況をお話しいただきました。

マーケティング活動の結果が数値化され共通認識が持てることで、業務委託でも良い関係が構築できる

[KM]回帰率3%はすごいですね!ひのさまはメルマガの執筆をされていると伺いました。メルマガ配信では、どのようなことを心掛けていらっしゃいますか?

私は業務委託でワクフリさまや他の企業さまのメルマガのライティングをしているPRライターです。自分が文章を書く上では、企業と配信先のお客さまとの良い関係性を築くことを大切にしています。企業のサービス内容や特徴を理解しておくことはもちろんですが、配信先のお客さまがどんな業種で、どんな役職の方なのかを理解して、お客さまが受け取りやすい情報を提供できるようにしています。

Kairos3は配信先のお客さま情報や過去のマーケティング活動の情報がまとまっているので、お客さまのことを理解しやすくて助かりました。ライティングを担当したメルマガの結果が、開封率や回帰率の数字で見えるのも良いですね。お客さまに情報がちゃんと伝わったのか、結果の良し悪しを振り返る指標になり、次のメルマガをライティングする際の判断材料になります。

[KM]ライティングするだけでなく、お客さまの理解や開封率・回帰率の改善まで考えていらっしゃるのですね。

ライターだからといって、「書いたら終わり」ではいけないと思っています。一緒にお仕事をしている企業の成果につながるように考え、改善案を提案することも私の仕事だと考えています。

Kairos3はメルマガの結果が数値化され、企業の方と共通認識を持つことができます。現状の課題を私の主観ではなく、客観的な数字でお話しできるため、改善案をご提案しやすいです。

thumnail:株式会社ワクフリさまの事例取材風景

業務委託のライターとしてメルマガ執筆を担当されているひのさま

[KM]企業と業務委託の方との間にKairos3が入ることで、お互いの共通認識を持てるのですね。マーケティングの活動を見直してみて、高島さまとしてはいかがでしたか?

以前は紹介でお客さまが増えていたので、正直なところマーケティングで商談につながるのかと懐疑的でした。実際に専門家の手も借りながら見直しをしてみて、開封率やセミナー申込者数など数字で以前よりも成果が出ていることがわかると、マーケティングに対する考えも変わりました。

協力会社や業務委託といった外部の方に仕事を頼む上で、活動の成果が数字で見えることが良い関係性構築に繋がると思います。「社内でやっても同じじゃないか」などと感じることなく、当社でマーケティング活動をしていくために必要なパートナーだと考えています。

thumnail:株式会社ワクフリさまの事例取材風景

取材のご協力ありがとうございました。

「Kairos3」のことを詳しく知りたい