野村インベスター・リレーションズ株式会社

ぜひ「Kairos3」を体感してほしい。他部署やお客さまにもどんどん勧めています

野村インベスター・リレーションズ株式会社 URL

中村 健司 様
ソリューション部 インテグレートコミュニケーショングループ プロデューサー
業種
ITソリューション提供
活用用途
アンケート メルマガ 営業活動の効率化 新規顧客獲得 顧客情報管理

導入前の状況

  1. イベント運営にかかる工数を減らしたかった。
  2. 新サービスの受注を増やしたいと考えていた。

要件や選定の決め手

  1. やりたいことが「Kairos3」ですべてできる。
  2. 操作がわかりやすい「Kairos3」であれば、作業時間を大幅に削減できると見込めた。

導入による効果

  1. マーケティング施策からの受注比率が7倍になった。
  2. お客さまのニーズに適した営業提案やWebサイトの構築ができるようになった。
  3. 施策のPDCAサイクルをスピーディにまわせるようになった。

企業の広報活動を幅広く支える総合IR支援企業、野村インベスター・リレーションズ株式会社

[「カイロスマーケティング株式会社」(以下、「KM」)]野村インベスター・リレーションズ株式会社さまの事業についてお聞かせください。

野村インベスター・リレーションズはIRを中心としたコーポレートコミュニケーション活動を支える総合IR支援企業です。投資家向けのメディアやイベントの運営、コミュニケーションツールの制作から、コーポレートサイトの構築・運営、また、企業の成長ストーリーの構築やブランディングなど、幅広く行っています。

[KM]インテグレートコミュニケーショングループの業務について教えてください。

クラウド型CMS*サービス「ShareWith」の提供を通して、企業のコーポレートサイトの構築と運営支援をおこなっています。一般的にサイトリニューアルと言えばデザインとコンテンツを刷新して公開することがゴールですが、私たちが提供している価値は、その先にある、持続的な運営体制の構築がゴールです。

世の中には、いい会社なのにサイトで魅力を伝えきれていないコーポレートサイトが、まだまだたくさんあります。実際に運営されている方のお話を伺っていくと、その根本的な問題はサイトの運営体制にあることがわかってきました。

企業の持っているポテンシャルを発信していくための「企業サイトの積極活用」と、それを実行していくための「運営業務の効率化」。従来型のWebサイトでは難しかったこれらの両立を、ITテクノロジーによって実現し、企業サイトDXを実現することが私たち、そして「ShareWith」のミッションです。

*CMS…Contents Management Systemの略。サイトを自社内で更新するソフトウェア

thumnail:野村インベスター・リレーションズ株式会社さまが提供するCMS「ShareWith®」

野村インベスター・リレーションズ株式会社さまが提供するCMS「ShareWith®」

イベント運営の工数削減と、サービスの受注を増やすためにMAツールを検討

[KM]マーケティングオートメーション(MAツール)導入の経緯を教えてください。

クラウド型CMSサービス「ShareWith」の販促活動として、セミナーなどのイベントを開催していました。イベント運営は「イベント登録フォーム作成」「顧客リスト管理」「集客メール配信」を、それぞれ異なる3つのツールをまたいで作業していました。それらのツールは操作が複雑で、イベントの事前準備に時間がかかっていました。そこで、手軽にイベント回していくには、まず3つのツールを一本化して業務を効率化し、ストレスなく、かつ、誰でもできる体制にしようと考えました。

このような状況でイベント運営に適したツールを探し始めたときに、MAツールの存在を知りました。MAツールについて調べると、イベント運営に必要な機能(フォーム作成・顧客管理・メール配信)が揃っているだけでなく、お客さまのWebサイト閲覧履歴を記録し、その行動履歴から関心が高い方を抽出する仕組みがあるとわかりました。

[KM]MAツールをつかうことで、イベント運営を効率化させるだけでなく、営業・マーケティングにも活用しようと考えたのですね。

はい。「ShareWith」の販売に活かせるな、と。

お客さまが閲覧されているWebページから、お客さまがどのサービスに興味を持ってくださっているのかを推測できます。また、Webページの閲覧頻度が多い、つまり購買意欲が高まっているお客さまを抽出することができます。それにより積極的な営業活動ができます。

また、マーケティング面では、お客さまのWeb閲覧行動を参考にして、より良いWebサイトの構成を考えることができます。

thumnail:野村インベスター・リレーションズ株式会社さまの事例取材風景

ソリューション部 インテグレートコミュニケーショングループプロデューサー 中村さま

一番の決め手ははるかに操作がわかりやすいこと。迷わず「Kairos3」を選択

[KM]なぜ「Kairos3」を選んでいただいたのでしょうか。

一番の決め手は、デモを見たときに、今まで使用していたツールと比べてはるかに操作がわかりやすかったことです。「Kairos3」なら、自分だけでなく他のメンバーにも活用が広められると思いました。

[KM]かんたんにできる操作性が決め手だったのですね。

今まで別々のツールでおこなっていた必要な機能(フォーム作成・顧客管理・メール配信)が一つのツールで完結されていて、しかもかんたんに操作できるので、作業時間を大幅に削減できると見込めました。今までの苦労が解消される確信を持てたため、「Kairos3」を選びました。

「Kairos3」のフォームで、満足度調査もラクラク実現

[KM]フォーム作成やメール配信の操作性はいかがでしたか。

「Kairos3」はほんとうに操作がかんたんで、イベント集客用のフォーム作成も、集客メール配信もすぐにできてしまいます。そのため、イベント開催をおっくうに感じることは全くなくなりました。

また、導入時に助かったのはブラウザベースのWebマニュアルです。画面を見ればほぼ操作できましたが、それでもわからないことは出てきます。その時に「Kairos3」と一体になったWebマニュアルで、自分でいつでも解決できました。

「Kairos3」のフォームは、イベント集客以外でも、もちろん作成しています。デモ依頼・お問合わせフォームなどです。

[KM]お客さま満足度調査でも「Kairos3」のフォームを活用いただいていると聞きました。

はい。「Kairos3」のフォームは、さまざまな項目を自由に登録できるのでアンケートとしても使えます。

満足度調査は今までずっとやりたいと考えていながら、実施できていなかった施策でした。「Kairos3」を導入したことで、フォーム機能、メール機能を使えばかんたんにできると思い、ついに今年、顧客満足度調査を実施することができました。

設問内容の検討に時間を取りすぎてしまったので、際どいスケジュールになりましたが、「Kairos3」は操作がかんたんなのですぐに準備が完了しました。

[KM]「Kairos3」を活用することで、新たな取組みが可能となったのですね。

アンケートの実施だけではなく、調査結果がリアルタイムでレポート表示されます。グラフも作成されて視覚的にわかりやすいです。

調査結果を経営層へ報告するときも「Kairos3」のレポート機能をほぼそのまま使いました。

thumnail:野村インベスター・リレーションズ株式会社さまの事例取材風景

「お客さま満足度調査の実施とフィードバックが想像以上にかんたんに実現できた」とコメントいただきました

受注比率が7倍にアップ。施策のPDCAサイクルを回しやすくなったことも効果のひとつ

[KM]受注に関する効果はありましたか。

Webサイトの訪問者と言っても様々な部署や役割の方がいらっしゃいます。それぞれの課題に対して役立つ情報や検討できる情報を提供し、もっと詳しく知りたいと思ったときに、すっと問合わせしていただけるようにナビゲートすることが大事だと思います。「Kairos3」でお客さまのWeb閲覧履歴や問合わせ経路を確認して、コンテンツを増やしたり、ナビゲーションを変えるなど、よりお客さまとのマッチングを高めるためのWebサイトの改善をおこなってます。

SEOを実施しつつ「Kairos3」で見えてくるお客さまの行動をWebサイトに反映させることで、マーケティング経由の受注比率が、「Kairos3」導入前と比較して7倍に増えました。

[KM]受注比率が7倍に増えたのですね。その他の変化などはありましたか?

営業活動においても、お客さまのWeb行動履歴を把握できることで提案がしやすくなりました。

あと、小さなことでありながら大きな変化なのですが、日々のマーケティング・営業活動をいろいろと試しやすくなりましたね。

「Kairos3」は施策に対する反応を数値でチェックできるので、気軽かつスピーディに検証することができます。「ShareWith」のプロダクトサイトは、当然「ShareWith」で構築していますが、「Kairos3」でメール配信の反応や訪問者の閲覧履歴を見て、臨機応変に「ShareWith」で導線を変えたり、コンテンツを追加したり、日々改善を行っています。「Kairos3」と「ShareWith」の組み合わせは、PDCAサイクルを回しやすいと思います。

[KM]「Kairos3」がマーケティング・営業活動の推進につながっているようで嬉しいです。最後にひとことお願いします。

ここまで使いやすいUIのツールは、なかなかないと思います。

もともと社内の一部門で「Kairos3」を導入しましたが、他の部署に「Kairos3」を活用した取り組みを話したところ、「自分たちも使ってみたい」と手があがり、今では「Kairos3」をつかうメンバーが増えています。

お客さまから「デジタルマーケティングをはじめたい」というご相談をいただくことが増えてきて、社内だけでなくお客さまにも「Kairos3」をお勧めしています。各種無料セミナーなど教育体制がしっかりしている点も、お客さまへ安心して「Kairos3」をお勧めできるポイントです。

マーケティングをこれから始めてみたい人にも、マーケティング活動をもっと加速させたい人にも「Kairos3」をぜひ体感してほしいです!

thumnail:野村インベスター・リレーションズ株式会社さまの事例取材風景

取材のご協力ありがとうございました!

「Kairos3」のことを詳しく知りたい