MA/SFAツール「Kairos3」の課題別活用シーン

メールでイベント参加者を増やす

「Kairos3」のメール機能を使って集客を行うと、メールを見落としたり、登録を迷っていたりするお客さまがかんたんに特定できるので、集客での機会損失を防ぐことができます。

イベント集客を改善する
「Kairos3」の機能

さまざまな切り口でかんたんに作成できる顧客リストとメール配信機能を使って、イベントの集客を改善する方法をご紹介します。

イメージ図:「Kairos3」を利用したイベント集客改善手段

集客メールが
未開封ならリトライ

Kairos3」ではメール未開封者のリストがすぐに作成でき、同様の集客メールを送ることで、メールの見落としによって漏れたお客さまを、手間をかけずにフォローできます。

UI画面:メール未開封者へのフォロー

お申込み一歩手前のお客さまを
特定してコンタクト

Kairos3」では申込みフォームに到達していても申込みには至らなかったお客さまが特定できるので、そのリストを使ってメールや電話でのプッシュができます。

UI画面:お申込みフォームから離脱したお客さま特定しアプローチ

イベント参加を
確実にするリマインド

登録者に対し、イベント直前にリマインドメールをかんたんに送ることができ、スケジュールの確認漏れによる欠席を防ぎます。

フロー図:「Kairos3」でイベント登録者に対しかんたんにリマインド

お客さまリストの
集客ポテンシャルを引き出します

イベントに関心の高いお客さまを分類して確実にアプローチすることで、顧客リストのポテンシャルを最大限に引き出し、イベント参加者を増やします。

UI画面:「Kairos3」でイベント集客改善

「Kairos3」導入による実際の効果

「Kairos3」のことを詳しく知りたい