MA/SFAツール「Kairos3」の課題別活用シーン

営業活動の見える化をしたい

SFA(商談管理機能)を使うと商談内容に関する情報が見える化でき、営業活動の改善が可能になります。 「Kairos3」ではマーケティングオートメーションの中にSFAが組み込まれていて、すぐに営業活動を記録でき、活動結果を使ったマーケティング施策も可能となります。

営業活動は
見えないもの

営業活動は社外で行われるため、お客さまの声や営業プロセスなどが見えず、市場ニーズの見落としや営業プロセスの属人化が起きやすいです。
売上管理だけではない営業活動の見える化が重要です。

イラスト:営業活動の見える化で営業効率をアップさせましょう

営業活動に欠かせない情報を
スマートに「見える化」

SFA(商談管理機能)によって「商談情報」「お客さま情報」「行動・プロセス」が見える化できることで、今まで見えなかった営業活動が見えるようになります。

UI画面:「Kairos3 SFA」
お客さま情報
連絡先/会社情報/役職

お客さまの情報を規定項目で整理し、保持・共有できます。

行動・プロセス
担当/行動/頻度

営業が活動を記録することで、営業活動の全体が見えるようになり、営業のプロセスを最適な内容に定義できます。

商談情報
案件概要/ニーズ/案件規模

営業担当者が抱える案件を見える化し、売上などの予測や停滞している案件の発見などができます。

導入後すぐにスタートできる
営業活動の「見える化」

Kairos3」ではマーケティングオートメーションの中にSFA(商談管理機能)があり、お客さま情報がそのまま使えるので、営業活動の記録だけでSFA活用をスタートできます。

UI画面:「Kairos3 SFA」での新規案件作成画面

営業・マーケティング間で
シームレスな情報連携も実現

商談状況がマーケティングに共有されることで、状況に合わせた一斉メールアプローチが可能になります。

UI画面:「Kairos3 SFA」での商談状況入力画面

「Kairos3」で実現できること

営業活動の改善が
可能になります

営業担当者が記録する情報をもとに、商談の問題点や自社製品・サービス改善のヒントの発見、成績の良い営業担当者のプロセスの標準化、営業業務の効率化ができるようになります。
エクセルでは煩雑な商談管理も、システムを使えばかんたんにはじめられます。

概要図:「Kairos3 SFA」の利用シーン
「Kairos3」のことを詳しく知りたい