Kairos3の開発履歴

バージョンアップ情報

1st Party Cookieでのトラッキングに対応。その他SFAを中心に様々な機能をアップデートしました。
  • TOPページをリニューアルしました。
  • 独自ドメインを使うことで1st Party Cookieによるトラッキングができるようになりました。
  • フォームの特定の質問・回答ごとにタグルールを設定できるようになりました。
  • SFA – 個別メール及び定型メール(テンプレート)が使えるようになりました。
  • SFA – 営業ログで行動タイプの記録と分析ができるようになりました。
  • SFA – リード・会社情報でタグや行動履歴など、表示される情報を増やしました。
  • SFA – 案件CSVダウンロードの項目に営業ログ・ToDoを追加しました。
リード情報のカスタマイズ機能を追加。その他にも様々な機能をアップデートしました。
  • リードと会社のCSVフォーマットが変更されました。
  • MAで自由定義項目が使えるようになりました。
  • オフラインのセミナー出席を名刺管理アプリで登録できるようになりました。
  • 同一会社からのUnknownアクセスをスコアやリード通知に活用するようになりました。
  • フォームで特定文字列が含まれるアドレスを登録拒否できるようになりました。
  • リード削除時に行動履歴やCookie情報を引き継げるようになりました。
  • SFAの案件を会社登録のないリードからでも作成できるようになりました。
  • SFAの案件でサブ担当者を登録できるようになりました。
名刺管理アプリ連携に対応した他、セミナー管理機能の追加など、様々な機能をアップデートしました。
  • 名刺管理アプリとの連携ができるようになりました。
  • オフラインキャンペーンでセミナー管理ができるようになりました。
  • 個別メールでテンプレートを使えるようになりました。
  • フォーム登録通知メールで個人情報保護モードに対応しました。
  • リードタグ毎のスコアレポートが見れるようになりました。
  • ターゲットリストの条件として担当ユーザーを追加しました。
  • SFAで商品割引・見積作成・ワークフロー(申請)が追加されました。
Kairos3のことを詳しく知りたい
Kairos3を導入検討したい
ページの先頭へ