Kairos3の開発履歴

バージョンアップ情報

フォームのスパム対策強化やSFAでの予実・目標管理など、様々な機能をアップデートしました。
  • メール件名への差し込みをサポートしました。
  • フォーム自動返信メールで添付ファイルがつけられるようになりました。
  • フォームスパム登録対策として reCAPTCHA v3 に対応しました。
  • オフラインでリード検索による参加者登録に対応しました。
  • CSVアップロードに「タグ削除モード」を追加しました。
  • メール送信時のデフォルトエンコードをUTF8に変更しました。
  • シナリオ – 即日配信モードが追加されました。
  • シナリオ – 一時停止・再開をサポートしました。
  • SFA – 売上・原価の予実管理や目標管理ができるようになりました。
  • SFA – ステージごとに必須入力項目が設定できるようになりました。
APIを公開。外部アプリケーションとの連携が可能になった他、メール作成やセミナー運営をサポートする機能などをリリースしました。
  • Kairos3 APIをリリースしました。
  • 個別メールの予約送信ができるようになりました。
  • 自社休業日の設定・活用ができるようになりました。
  • 開催済みセミナーへの取り込み(代理登録)に対応しました。
  • セミナー参加者をCSVダウンロードできるようになりました。
  • 自動返信メールで項目ごとの差し込みに対応しました。
  • メールのテキスト形式を簡単に生成できるようになりました。
  • 特定IPからのウェブアクセスを除外できるようになりました。
  • SFA – 自分のタスクが「マイタスク」としてメール通知されるようになりました。
  • SFA – ステージ数推移・ステージ移動数グラフを追加しました。
  • SFA – フィルタ機能で自由定義項目や複数条件に対応しました。
ヘルプページやセミナー管理機能のリニューアルを中心に様々な機能をアップデートしました。
  • ヘルプページをリニューアルしました。
  • オフラインキャンペーンのセミナー管理をリニューアルしました。
  • 自由定義項目等による差し込みURLの短縮URL対応をしました。
  • ユニークユーザー数のカウントがより正確になりました。
  • サーバー連携の実行結果が管理者宛に通知されるようになりました。
  • SFA – 案件の一覧表示モードを追加しました。
  • SFA – 指定した特定のタグをSFAで使えるようになりました。
Kairos3のことを詳しく知りたい
Kairos3を導入検討したい
ページの先頭へ