ファイル自動保存機能やToDoごとの担当者設定を追加しました


Kairos3 Marketing

顧客とやり取りしたファイルの自動保存機能

個別メールで送ったファイル、フォームから受け取った添付ファイル、これらをKairos3上で一元管理できるようになりました。リード/会社/案件単位で過去に登場したファイルがひと目でわかります。マーケティングから営業活動まで一貫したファイル管理をKairos3が自動で行うため、より強力な顧客DBが出来上がります。
※本機能はファイルストレージオプション有効時のみご利用できます。

リード通知で除外条件をサポート

HOTリードなど「今すぐ対応すべきリード」のリストを受け取る手段としてリード通知機能は欠かせません。今回のアップデートで特定のタグが付与されたリードをリストから除外できるようになりました。すでに商談中のリードはリストから外したい、といった運用がかんたんに実現できるようになりました。

その他の改善点

セミナー参加者の登録順表示
インバウンドのキャンペーンコードで一部記号に対応
無効アドレス解除と同時に除外リストからも解除
ログイン履歴等のCSVエクスポート機能

Kairos3 Sales

タグ管理機能の追加

これまでSFAではMA側で登録したタグしか利用できませんでした。今回のアップデートでSFAだけでもタグの管理ができるようになりました。CSVによる一括処理も可能です。一時的なアタックリストを作りたい、タグの色分けで属性がひと目で分かるようにしたい、といった際に便利です。

ToDoごとの担当者設定

一つの案件を複数の担当者で回していくのは珍しいことではありません。今回のアップデートでToDo単位で担当者を設定できるようになったため、これだけあの人にお願いしたいんだけどな・・・といったシーンでのToDo(タスク)管理にも対応できるようになりました。

その他の改善点

ユーザー選択UIの改良
案件/会社検索時の対象として自由記入項目を追加
タグによる顧客/会社の検索をサポート
案件モーダル内での外部メール取り込み
案件/顧客/会社モーダルの表示領域を拡張