Kairos3の機能

Kairos3 API

Kairos3 APIを使用することによって様々な他社製アプリケーションと自由度の高いデータ連携が可能になります。

Kairos3 API
Kairos3 APIで様々な他社製アプリケーションと自由度の高いデータ連携が可能に

特徴

外部のシステムと連携が可能

自社開発の独自システムをはじめ、他社製のSFAやCRMなどの様々なアプリケーションとも自由に連携していただけます。

リードや案件情報の連携

「Kairos3」上のリードや営業案件の情報を様々な条件で抽出し、外部のアプリケーションに情報を引き渡すことができます。

好きなタイミングで連携が可能

APIを使えば連携のタイミングは自由に指定できるため、好きなタイミングで自動的にデータを連携させることができます。

Kairos3 APIで実現できる高い利便性

「Kairos3」で抽出した見込みの高いHOTリードや営業案件になりそうなリストを、APIを通じて取得することができます。またAPIによるリードへの「タグ付与」をきっかけに、自動的に特定のリードへのステップメールを起動する、といったことも実現できます。

API連携機能はオプション料金が必要となります。
詳しくはマーケティングオートメーション「Kairos3」の料金表をごらんください。

Kairos3 APIの概要

リード情報の連携

「Kairos3」上のリード情報に対して、スコアやデータ更新日、役職などの様々な条件を指定して取得や更新ができます。また、「Kairos3」にリード情報を追加することもできます。

案件情報の連携

「Kairos3 SFA」をお使いの場合、商談情報を記録している案件データを外部システムに連携させることができます。

タグ情報の連携

APIで「Kairos3」上の各リードにタグを追加することができます。例えば「Kairos3」でシナリオをお使いの場合、API連携と併用することで、自由度の高いトリガー設定が可能になります。

オプション料金について知りたい
料金をみる

お客さまの声

「Kairos3」を活用し、成果を上げているお客さま事例をご紹介します。

Kairos3のことを詳しく知りたい
資料請求
Kairos3を導入検討したい
お問合わせ