「Kairos3」の機能

SFA(営業支援システム)

営業活動の記録や、営業社員ごとの行動をひと目で把握・分析できます。

SFA(営業支援システム)
Kairos3 SFAで営業とマーケティングを連携

特徴

自社の営業活動の状況を一目で把握できる

営業活動を見える化し、自社の営業活動の問題点を導き出し、営業プロセスを改善できます。

今すぐ接触すべき顧客を自動抽出します

購買活動を進めており営業担当者が優先して接触すべき見込み客や案件を、自動的にSFAがお知らせします。

営業とマーケティングの連携で売上アップ

マーケティングオートメーションとの機能連携でSFAの入力編集が簡単に実行でき、営業活動に注力することができます。売上アップのための受注失注案件への販促も簡単にできます。

営業とマーケティングの連携で SFAを使いやすくしました

「Kairos3 SFA」では、SFAとマーケティングオートメーションがデフォルトで連携しています。

SFAで営業活動が見える化できるだけでなく、SFA入力を簡単にするための仕組みや、受注失注案件にマーケティング活動を展開するなどの、組織としてのマーケティングと営業の連携により売上アップを目指すことが可能です。

入力作業のシンプルさ、今すぐ接触すべき見込み客の自動通知、営業レポートの自動作成など、これまでのSFAになかった使いやすさが特徴です。

「Kairos3 SFA」の位置付け

マーケティングオートメーション「Kairos3」では、獲得したリードを管理・育成して、商談につながるリードを営業に引き渡します。

「Kairos3 SFA」では、マーケティング活動後の、アポ取り、訪問、提案、調整、成約などの営業プロセス全般を管理し最適化します。

営業プロセスの状況や商談結果の全てが可視化され、経営問題と施策の定着状況が把握できます。営業プロセスの途中で失注したリードはマーケティングオートメーションで再び管理できます。

自社の営業活動の重要な全体像が一目でわかります

アポ取り、訪問、提案、調整、受注や失注などの営業の各プロセスの状況がわかるだけでなく、会社全体としての営業活動の状況がグラフィカルなインターフェースで把握できます。

年間売上だけでなく、月次の売上や、商談の件数ごとでの表示もできます。

受注失注案件の分析機能により、営業プロセスの改善すべきポイントが見えてきます。

営業活動の全体像が一目でわかります。経営者がリアルタイムで自社の営業状況を把握できます。

累積売上・月次売上

営業プロセスのステージ別売上予測を月次・累積で表示します。営業状況を一目で把握できるだけでなく、今後必要な在庫の予測にも便利です。

営業案件件数

クラウドビジネスなどの件数が重要なビジネスでも対応できるよう、営業案件件数を軸にした営業状況を把握できる画面をご用意しました。

受注失注分析

受注もしくは失注した案件の分析により、問題点を推測して営業プロセスに反映させることが可能です。

営業活動の重要な改善点を 瞬時に把握できる

「Kairos3 SFA」では、営業パイプラインを視覚的にとらえ課題を見つけ、その詳細を各営業活動の履歴で確認できます。

営業活動の履歴では、営業マネージャーがすぐに案件と活動内容を把握できるよう、重要な情報だけを自動的にまとめて表示します。月報や週報として活用も可能です。

営業マネージャーが営業活動の全体から、各営業ステージ・ステージ内の重要な情報へと、画面上で素早く追求できる仕組みを整えました

週報や月報として

営業パイプラインとその詳細をひとつの画面でまとめました。期間を指定することで日報・週報・月報として活用できます。

重要かつ必要な情報を整理

営業担当者が入力した活動内容のうち、成約を左右する重要な活動のみをレポートとして表示します。忙しい営業マネージャーが案件の概要を素早く把握できます。

レポートの自動生成

各種レポートは営業担当者の入力内容をまとめて自動かつリアルタイムで表示します。まさに「今」の自社の営業活動の様子を見える化できます。

営業担当者にやさしいカンタンな入力操作

「Kairos3 SFA」では、営業担当者がSFAの入力の手間を軽減する工夫をしています。

WEBから問合せがあった見込み客をSFAの案件として自動的に取り込むことで、面倒な入力の手間を軽減します。案件情報の更新も、情報を1つの画面上で一気に編集できるようになっています。

SFAに入力する時間を短縮し、営業活動により多くの時間を使うことができます。

面倒なSFAの入力はとても簡単、MA連携に関する面倒な設定は不要です

問合せフォームと連動

WEBフォームからお問い合わせがあった顧客の情報をSFAで自動的に取り込むことが可能です。新規案件の入力の手間を軽減します。

案件情報を短時間で更新

活動中の営業案件をSFA上で一気に更新できます。営業活動の情報更新が短時間でできるため、営業活動により集中することが可能です。

月報・週報に自動反映

SFA上で更新した営業活動情報の重要な項目を自動的に月報や週報などのレポートに反映します。わざわざレポートを個別に作成する必要がありません。

  

今すぐ接触すべき案件や見込み客を自動抽出

見込み客が起こした購買行動に基づいて、今すぐ接触すべき見込み客や案件を通知します。

購買行動では購買先のWEBページをチェックするなどの行動が多く見受けられます。営業活動中の案件に関わる見込み客が購買行動をしたら、SFA上でお知らせします

Kairos3 SFAの画面

顧客側で活動中の案件がわかる

購買行動中と推測できる顧客をSFAで知り、優先して営業活動を展開できます。効率良い営業活動で、売上アップを目指します。

顧客ニーズがよくわかる

SFAで抽出した今すぐ接触すべき顧客の行動履歴も表示します。行動から顧客が語らない隠れたニーズを推測でき、より確実に成約につなげることができます。

複数の顧客行動も検知が可能

営業案件には複数関わることもあります。複数のうちいずれの顧客が行動を起こした場合でも、SFAで検知が可能です。

  

SFAで必要な項目を自由に追加できる

SFAで必要な情報は利用側のビジネスによって異なります。

「Kairos3 SFA」では、商談の管理に必要な項目を自由に追加して、記録することができます。

SFAに追加した項目は案件情報として活用できるだけでなく、営業パイプラインの分析にも活用できます。

営業活動を深堀りする情報を自由に追加可能

営業に重要なあらゆる情報を記録できる

営業案件に必要な営業案件に関わる情報をSFAに項目として、自由に追加することができます。

共有すべき重要情報を追加可能

案件に重要な項目だけでなく、競合情報、製品情報などの営業チームで共有したい情報の項目も自由に追加できます。

SFA追加情報を分析できる

SFAに追加した情報は、失注・受注分析の分析項目として活用できます。競合分析、チャネル分析などのご利用が可能です。

  

マーケティング活動と連動して営業売上を最大化できます

「Kairos3 SFA」は、SFAの機能だけでなく、メール配信やフォーム作成、スコアリングやリードナーチャリングなど、マーケティングオートメーションの機能もデフォルトでご利用可能です。

SFAとマーケティングオートメーションの連携により、案件や見込み客の情報をスムーズに引き渡せるだけでなく、失注案件へのマーケティング、受注案件へのクロスセルなど、さらに売上を拡大するためのマーケティングを展開できます。

オプション料金が必要となります。
詳しくはマーケティングオートメーション「Kairos3」の料金表をごらんください。

営業とマーケティングの効果的な連携を実現

マーケティング機能の活用

「Kairos3 SFA」ではメール配信、ステップメール、フォーム作成、スコアリングなどの営業案件を増やすためのマーケティング機能も利用可能です。

自動リード取り込み

フォームから問合せがあった顧客情報や、ホットリード情報を自動的にSFAに取り込むことができます。

失注案件のマーケティング

SFA上の営業案件ステータスをマーケティングオートメーションと連携します。失注案件へのマーケティングや受注案件へのクロスセルなど売上を最大のためのマーケティングが可能です。

オプション料金について知りたい
料金をみる

お客さまの声

「Kairos3」を活用し、成果を上げているお客さま事例をご紹介します。

「Kairos3」のことを詳しく知りたい
「Kairos3」を導入検討したい